結婚指輪を完全ガイド~2人にとっておきloveリングを~

指輪

結婚指輪の平均価格

平均は10万円程度です

リング

結婚指輪を渡す際には悩んでしまう事がありますが、多くの場合は男性から女性に渡す事が多いです。ここで男性の方が多く考えてしまう悩みは、平均価格よりも安いものを渡したくないと言う事になります。なるべく高い結婚指輪を渡したいと考える事が多いですが、平均価格を知らなくてはどのくらいの値段の物が高い結婚指輪なのかと言う事もわからなくなってしまいます。年齢によって結婚指輪の平均価格は変わってきてしまいますが、結婚する方が多い20代30代の方の結婚指輪の平均価格は10万円程度になります。10万円を超える値段の結婚指輪を渡す事ができれば高い物を渡す事ができたと考えても良いでしょう。20代、30代の場合は10万円を基準に考えましょう。

40代以降の平均価格です

40代以降でも結婚する方はたくさんいますが、結婚指輪の平均金額は少し上がってしまうと言う事を頭に入れておきましょう。20代30代の方が10万円の平均金額ですが、40代以降になると15万円前後が平均的な価格になります。少しだけ平均の価格が上がってしまいますので平均よりも高い結婚指輪を購入してあげようと考えている場合は15万円前後を見て購入して渡すようにしましょう。価格が全てではありませんし、価格で価値が決まるわけではありませんが、40代以降になってあまりにも安い金額の指輪を渡してしまうと周りから心配されてしまう事もありますので、なるべく平均価格に近い値段の物か平均価格よりも高い値段の物を購入するようにしましょう。